• ホーム
  • サイト作成時にはオリジナリティを意識することが大切

サイト作成時にはオリジナリティを意識することが大切

パソコンとりんご

以上は、これからホームページを始めるにあたっての基本ですが、それ以上に大切なことはやはりコンテンツの内容を充実させるということになります。
検索エンジンは、被リンクの数や情報量が多ければ当然サイトを上位に持って来るのですが、表示順位が上がったからと言ってそれがサイトの人気に直結するとは限りません。
つまらないページや何を書いているのか分かりにくいページを目にしても、ユーザーはすぐに画面を閉じて帰ってしまいます。

コンテンツを用意する際に何よりも意識しなくてはいけないのは、読者に役立つ情報を発信することと、オリジナルティのある要素を含めるということです。
インターネットには同じような内容を扱う似たようなサイトがいくつもありますから、他と同じことが書かれていても読者は特段の注意を払うことはありません。
さっと目を通したら、後はサイト名も記憶せずに画面を閉じてしまうでしょう。

インターネットというのは知識や情報を共有する場所ですが、それ以上に文字や画像を通したコミュニケーションの場であるということも忘れないようにしましょう。
人目を引くような面白いことが書かれていれば、口コミで評価が伝わって読者数は自然に増えていくことになります。

Googleがサイトをクロールする際も、ユーザーに付加価値を提供するようなオリジナルティのあるコンテンツはそれだけ評価が高まります。
ただ知識を乱用するだけでなく、似たような経験を持っているユーザーの体験談等を掲載するようにすれば、読者は自分目線で記事を読んでくれます。
その上で実際に役立つ情報が書かれていれば、読者はまた次回も訪れて別の記事を読んでみたいと考えるようになる訳です。

被リンクだけを駆使してGoogleからペナルティを受けるよりは、こうした付加価値のあるコンテンツを提供するほうが、結果的に長く読者を引き付けることになります。
何らかの情報を提供する場合にも、Wikipediaからの引用だけで記事を埋めてしまうよりは、実際に本を読んで調べたり、身近な人から聞いた体験談等を交えると良いでしょう。

あまりにも個人的な書き方を乱用すると、場合によっては読者の反発を招いてしまうこともあります。
しかし、引用だけで作られているサイトよりは、自分目線で読むことの出来るサイトのほうが必然的に読者の評価は高くなるのです。
また、単にコピペだけでホームぺージを作っていくよりは、オリジナルティのあるコンテンツを用意するほうがサイトを作成していても楽しむことが出来ます。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧