• ホーム
  • ユーチューブで動画を公開して収入を得るための方法とは

ユーチューブで動画を公開して収入を得るための方法とは

最近ではユーチューバーが人気職業のランキング上位に上がっているように、ネットで広告収入を得る方法としては、動画を公開して広告を埋め込みによる報酬をゲットするというやり方もあります。
もちろん、再生数が多ければ多いほど報酬は高くなっていく仕組みです。

動画を公開する方法は意外と簡単です。
ユーチューブはGoogleと提携しているので、まずはGoogleのIDを取得してログインしておきます。
すると、サイトトップを開いた時に画面上部にアップロード用のボタンが表示されます。
ここをクリックすれば、後はブログに画像をアップロードする手順とほぼ変わりありません。
タイトルや説明文等を入力してから「公開」ボタンを押せば、自分の動画がユーチューブにアップロードされます。

広告収入の仕組みとしては、アフィリエイトの中でもGoogle AdSenseを利用することになります。
この際の手続きはいくらか込み入っているのですが、最初にパートナープログラムに登録する必要があります。
パートナープログラムに登録したら、これをGoogle AdSenseと関連付けることで報酬の振り込み用の銀行口座を登録出来るようになります。

しかし、これだけでは広告収入は発生しません。
ユーチューブでの再生回数が一万回を超えると、初めて広告収入を得るための申請が可能になるのです。
申請が通れば、再生時の埋め込み広告等による報酬が発生し、指定の口座に振り込まれることになります。

ただし、広告収入を得るためのコンテンツはオリジナルなものに限られることに注意しておいて下さい。
著作権のある他人の作品を公開しても、そこから報酬を得ることは出来ません。
こうした不正によってペナルティを受けると、それ以降報酬の受け取りは出来なくなります。

ユーチューブの広告の種類としては、インストリーム広告とサイドバー広告があり、オーバーレイ広告はありません。
インストリーム広告は動画コンテンツ内で表示される広告、サイドバー広告は画面の両サイドに表示される広告です。
インストリーム広告は表示されるだけで報酬が得られますが、サイドバー広告はクリック報酬のみとなっています。
なお、ユーチューブでは扱っていないオーバーレイ広告も他の動画サイトでは扱っている場合があります。

動画を公開して広告収入を得るやり方は、基本的にはブログを開設してアフィリエイトによる報酬を受け取るのと似ています。
他の誰も作っていないようなオリジナルな動画であれば、それだけ再生数も稼げますから、腕に自信にある人は試してみると良いのではないでしょうか。