• ホーム
  • Googleアナリティクスを使ってSEOの効果を確認する

Googleアナリティクスを使ってSEOの効果を確認する

インターネット上のSEOはサイトとコンテンツ作成で終わる訳ではありません。
その後も訪問者数を維持するための工夫や、サイト改善の努力が必要になって来ます。
サイトを見てくれる人の人数が減れば、広告で収入を得ている場合にはすぐに報酬額が減ってしまうので気を付けましょう。

SEOを上手く機能させるコツとしては、ユーザーの動向を逐一把握しておき、そのニーズに見合ったコンテンツを用意するということが何よりも大切です。
インターネット・ユーザーの趣味や趣向はすぐに遷移していきますから、いつまでも同じようなコンテンツを公開していてはやがて飽きられてしまいます。

訪問者がどんなことを気にしているのかは、Googleアナリティクス等のサイト解析ツールを使って調べることが出来ます。
Googleアナリティクスというのは、サイトのソース内にトラッキングIDを埋め込んでおくことで、サイトを訪れている人の住んでいる地域や年齢、性別といった情報を収集してくれる優れたツールです。
また、訪問者は主にどのページに注目しているのか、といったこともわかります。

具体的にどんなユーザーがサイトを訪れて、どんな記事を目にしているのかが分かれば、それに応じたコンテンツ作成をすることが可能になります。
また、閲覧数だけでなくセッション数も調べられます。
このセッション数というのは、来訪者が短時間にサイトを再訪して場合、別のユーザーとしてカウントされないというもので、訪問者の数をより正確に測定することが出来ます。
アクセス解析の結果はサマリーとしてグラフで表示されるので、これを見れば訪問者数の遷移を直感的に把握することが出来ます。

ユーザーの住んでいる地域や年齢、性別といった情報もビジネスにとっては重要だと言えます。
こうした情報は飲食店や販売店等のお店を持っている場合にはおおいに役立ちますし、アフィリエイト等の広告を選ぶ際の参考にもなります。
サイト内に様々なコンテンツがある場合でも、ページごとの閲覧者数が分かるため、ユーザーが興味を抱いているコンテンツを中心にしてサイト改善をしていくことが出来ます。

このように、SEOというのはサイトを公開すれば終わりというものではなく、かなり動的なものです。
そうした点は、実際にお店や会社を持っている場合と同様だと言えます。
SEOにおいては、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツ作成をするということが欠かせません。